中学受験のメリット

中学受験に対して「なんでわざわざ受験をしないといけないの?」という意見は多くあります。
確かに公立中学には受験をしないでも入れます。受験をするとなれば子供は小学校の何年かを勉強に費やす必要があり、受験をしない周りの子と比べると遊ぶ時間も減ってしまいます。
しかしそれでも受験をしようと思う人がいるということは、それ相応のメリットがあるということです。

中学受験におけるメリットをいくつか挙げていきます。

受験に向けて勉強することで、子供に勉強する習慣が早くからつくこと。
小学校の内容以上の学力がつくこと。
中高一貫校なら高校受験の必要がない。
高校受験が無い分、中学では余裕のある学校生活が送れる。
大学受験に向けた効率良い学習が出来る。
中高一貫した教育方針の指導など。

特に大学進学に有利となることが大きいでしょう。中高一貫校は6年間を通したカリキュラムで授業を行えるので、進学校なら高校3年になれば大学受験対策に向けて本格的な授業を行う学校がほとんどです。
また、大学付属中学に入り付属高校へと進学すれば、その大学へ推薦で進学出来ることが多いので、そういった私立大学への進学に有利になります。

人気の高い私立大学も付属高校・付属中学を持つことほとんどです。
このようなことから、将来大学への進学を考えている家庭は、中学受験に大きなメリットを感じて受験を受けています。