中学受験と目標について

中学受験を目指して勉強している子供の内、自分の中で明確な目標や目的を持っている子供は意外と少ないでしょう。

受験をするきっかけを作るのは親であることが多く、子供自身は「親に言われたから受けた方が良いのだろう」「頑張ると親が褒めてくれる」「良い学校に行った方が良いのかな」と、そのくらいの感覚で受験を始めてしまうことがあります。
そのままなんとなく勉強を続けていても成績が思うように上がらず、勉強が嫌いになるかもしれません。

まだ勉強に対してきちんとしたやり方や意味を見出せていない子供に、なんとなくといった目標で受験勉強をさせても効率の良い勉強が出来るわけがないのです。
やる気がなければ自主的に勉強をするのは難しいです。
周りの子達は受験なんて関係なく遊んでいる中で、自分だけ受験勉強をしていることに、不満を覚える子もいるでしょう。

そうならない為に、中学受験をする時には初めに目標や目的を明確にしておく必要があります。
きちんと目標を持つことで子供達も勉強を頑張ることが出来ます。

まずは親の中で目標を明確にして、それを子供に分かりやすく伝えてあげましょう。
もちろん子供が自主的に中学受験をしたいと言い始めたのなら、その理由を尊重してあげて下さい。